HOME

横浜の弁護士事務所 横浜二幸法律事務所のホームページをご覧くださり、ありがとうございます。
みなとみらい線『日本大通り』駅徒歩1分、関内駅からも近い法律事務所です。

さまざまな問題やお悩みを抱えた方々が気軽にご相談に来ていただける事務所を目指しております。
 交通事故を多く取り扱っており、30年近くの経験を有する弁護士が在籍しております。

事務所名の「二幸」には、依頼者の皆様の”幸い”は当事務所の”幸い”という意味も込められています。
その実現に向け、当事務所は、次のような方針と心がけに基づく運営をしています。

  • 複数の弁護士が共同で受任し(指名の場合を除きます)、経験、知識、行動力等を補い合い、慎重
    に協議することにより、適切・妥当な紛争の解決を目指します。
    ただし、相談、打合せ、法廷等は、原則として主任弁護士単独の対応となります。
  • ご相談は一からすべてを弁護士がお伺いしますが、気軽に安心してご相談いただけるよう心がけて
    おりますので、費用や支払い方法についても遠慮なくご相談ください。
    なお、事案の見通し、費用対効果その他の理由で受任すべきでない場合には、結果的に相談者の皆
    様の不利益とならないよう、その旨きちんとご説明し、ご判断を仰ぎます。
  • 事案の進捗状況については適宜の報告をし、お問合せには速やかな対応をするよう心がけます。
  • 平日に時間がとれない方には、事前のご予約で、土・日、祝祭日、夜間の面談もお受けします。
  • 一度ご依頼を受け信頼関係を築けた方については、その後の別件のご相談は原則無料です。

                      神奈川県弁護士会
                      弁護士 佐藤 正幸  弁護士 松本 隆
                       〒231-0023 横浜市中区山下町70番地 土居ビル4階
                           TEL.045-651-5115  FAX.045-651-5135

 

お知らせ

  • 平成27年3月より、馬車道から日本大通りに移転致しました。
  • 平成28年4月1日から、横浜弁護士会は“神奈川県弁護士会“へ会名変更になりました
  • 「弁護士だけど〇〇」
    神奈川県弁護士会は、市民の皆様に親しみを感じていただく為、かなチャンTV(神奈川県公式動画
    配信サイト)内のKANABENchで、プロレスラーやマジシャンなど特技を持った弁護士を紹介
    しています。
    当事務所の松本弁護士が司会を担当し、特技も披露していますので、ぜひご覧ください。

                  ~無料法律相談のお知らせ~

      当事務所は、平日に時間が取れない方のために、特定の土曜日、日曜日に、下記のとおり、
     時間を長めにとった無料法律相談(担当弁護士佐藤)を行っています。
      多少の延長も可能な時間設定をしています。
      ご依頼を前提とするものではありませんので、お気軽に利用いただければ幸いです。

      令和5年12月の無料法律相談は、下記のとおり予定しております。
      
      ご希望の方は、土曜日については相談日の2日前までに、日曜日については相談日の3日前
     までに、電話(651-5115)にてご予約ください。
                   
                       記

          期 日  12月9日(土)、17日(日)、23日(土)
                 
          時 間  ① 午後 1時00分~ 2時00分

               ② 午後 2時30分~ 3時30分

               ③ 午後 4時00分~ 5時00分

                なお、各時間帯とも、お一人(一組)のみとさせていただきます。

           場 所  横浜二幸法律事務所

           *土曜日、日曜日は、ビルの入口シャッターが閉まっていることがあります。
            閉まっている場合は、電話してください。すぐにシャッターを開けに参ります。

          なお、別の時間帯(午前中、夜間)やお急ぎの場合はご相談ください。

         *また、コロナウイルス対策として、マスクの着用をお願いいたします。



                 *事務所としてお引き受けする案件について*

         HPをご覧になってのご依頼案件は、原則として、事務所としてお引き受けする、
        つまり、複数の弁護士が共同受任することにしております。
         ただし、土曜、日曜の無料法律相談の案件、任意整理や破産等の定型的な案件、法
        的争点が少なく協議の必要性があまりない案件については、単独での受任とし、必要
        性が生じた場合に、協同受任体制に移行することにしております。
         当事務所の共同受任は、通常の、事務所長が事件を受任して、勤務弁護士に配転を
        する方式とは異なり、それぞれが単独で業務を行い、事務所を共同経営している弁護
        士が、共同で受任することに特徴があります。


                       シルバーメリット制

         弁護士佐藤正幸は、シルバー、シニアと呼ばれる年齢となりました。
        多くの方のご指導を得て大過なく業務を遂行できたこと、経験を積ませていただいたこ
        とに感謝し、この度、当職が他の機関等を経由することなく直接受任する事件に限り、
        その費用を減額するシルバーメリット制を、次のとおり導入いたしました。
         1 弁護士佐藤正幸が単独受任する事件に限ります。
         2 当事務所が規定する着手金、報酬金について、1割減額いたします
         3 ご依頼者が65歳以上の方については、上記2とは別途、1割減額いたします。
        (注)*保険会社、行政、法テラス、弁護士会及びその関連の相談等を経由するご依頼
            を除きます。
           *事故による損害賠償請求、離婚問題、相続問題、貸金請求、破産事件等の一般
            的な事件を対象とします。IT関係その他特殊な事件は受任いたしかねます。
           *複雑・困難な事件、気力・体力、フットワーク等を要する事件については、若
            手弁護士にご依頼ください。
     
                               

 

📖 ~知ってお得な知識~ 💡


  • A 交通事故

      A5 弁護士費用保険(権利保護保険)

       1 弁護士費用保険(権利保護保険)とは

         弁護士費用保険(権利保護保険)は、交通事故や日常生活での偶発的な事故(保
        険により異なります)につき、被害者として法律上の損害賠償請求をするための弁
        護士費用を支払う保険・共済です(通常、限度額が設定されています)。
         自動車保険、火災保険、傷害保険等の特約として付保される場合と、弁護士費用
        保険に特化した保険の場合があります。
         なお、保険・共済契約者の同居の親族等も被保険者として補償を受けられること
        になっているのが通常です。

       2 弁護士費用保険(権利保護保険)を利用できる場合

         利用条件は、「被害を受けた場合」であるため、損害賠償請求ができる場合は、
        過失割合の代償を問わず利用することができますが、100%の加害責任を負う場
        合は利用できません。
         逆に、交通事故で自己過失0の被害者(もらい事故)の場合、弁護士法の関係で
        自動車保険会社は示談対応サービスができないことから、被害者が自身で損害賠償
        請求をしなければならないことになりますので、弁護士費用保険を利用
        すべき典型例となります。

       3 利用方法等

         保険会社に事故の発生を申告し、利用を申し出ます。

         ⑴ 日本弁護士連合会(日弁連)は、LAC「日弁連リーガル・アクセス・センタ
          ー」を設置し、保険会社・共済協同組合と協定を結んで、各地の弁護士会を通
          じて弁護士の照会をするなど被害者の便宜を図っています。
           LACでは、所定の契約書や報告書の提出を要するなどによって、利用者の保
          護が図られています。
           なお、LACに属さず、独自の方式をとる保険会社もあります。

         ⑵ 被害者自身で弁護士に依頼したうえで、LACを利用することもできます。
           LACの弁護士紹介は、各弁護士会のLAC登録名簿から順次割り当てられる方
          式であり、担当する弁護士を選択することはできません。
           したがって、弁護士との信頼関係を重視されたい方は、自身で弁護士と面談
          した上で依頼し、LACを利用されるのも宜しいかと思います。

        4 保険料について

          自動車保険の弁護士費用特約については、年度内には何度でも使え、次年度の
         等級、保険料に影響することはありません。
          その他保険については、確認が必要です。

   

   横浜二幸法律事務所  
              〒231-0023 横浜市中区山下町70番地 土居ビル4階  
                      TEL.045-651-5115